時間の使い方には3種類ある。認識するだけで行動が劇的に変わる。

時間の使い方 仕事
スポンサーリンク

時間の使い方には3種類ある

「あぁ…。今日も時間を無駄に使っちゃったな…」
「どうすれば時間を上手く使えるだろう?」
こんな風に1度は思ったことありませんか?


私も時間の使い方について悩んだ経験があります。
しかし、時間の使い方に種類があるということを認識してからは悩むことが劇的に減りました。
本記事では、そのことをご紹介したいと思います。


早速ですが時間の使い方には3種類あります。

①消費

生活をするために必要な時間の使い方

例) 食事、仕事、睡眠、etc.

②浪費

短期的に快楽を得るための時間の使い方

例)YouTubeで動画視聴、カラオケでストレス発散、etc.

③投資

自分の目標達成に対してプラスになる時間の使い方

例)資格勉強、英会話スクール、etc.


ポイントは、この3種類を意識してバランスよく使っていくことです。

例えば、休日の時間の使い方の割合を
消費:浪費:投資 = 5:2.5:2.5
と決めたら1日に使う時間の内訳は下記のようになります。

時間の内訳グラフ


ビジカラス
ビジカラス

ちなみに私は、平日の時間の使い方を
消費:浪費:投資 = 7.5:0.5:2
と決めて過ごしてます。


3種類を意識するメリット

前項を読んでくださった方の中には
「なんだかお金みたいな考えだな」 と思ったかもしれません。

はい、そこがポイントなんです。
時間もお金と同じ分類をすることでコントロールすることでき、無駄のない使い方をできるようになります。

あなたもお金を使うときは、例えば高級ディナーに行く時は浪費、資格取得のための参考書購入の時は投資、のように自然と消費浪費投資を意識されていると思います。
また、意識することでお金の管理も上手にできていると思います。

時間もお金と同じように、意識することで上手に管理することができ、後悔の少ない使い方をできるようになります。


ビジカラス
ビジカラス

時間の使い方に悩まれている方は、ぜひ試してみてください!

コメント