まずはこれだけでOK! SNSマーケティングの基本用語11選

まずはこれだけでOK! SNSマーケティングの基本用語11選 マーケティング

SNSマーケティングに関する基本用語をご紹介します。

Twitter、Facebook、Instagram、YouTubeなどSNSの種類は多く、用語を覚えるだけでも大変ですが、まずは本記事でご紹介する基本用語を覚えておけば大丈夫です!

こんな人向けの記事

  • 春からSNSマーケティングの代理店に入社する新卒の方
  • 人事異動で社内のSNS担当者になった方
  • クライアントにSNSマーケティングの用語を上手く説明できていない方
スポンサーリンク

SNSマーケティングの基本用語11選

SNSマーケティングを行う上で知っておくべき基本用語を11個ご紹介します。
まずはこれだけ覚えていただければOK!

リーチ数

SNS上の記事やアカウントを見たユーザーの数を表します。

クリック数

SNS上の記事やアカウントで紹介したリンクや広告をクリックした数を表します。

いいね! 数

SNS上の記事やアカウントにある「いいね!」ボタンをクリックした数です。
「いいね!」をクリックしたユーザーは、そのアカウントの記事が表示されやすくなります。

シェア数

SNS上の記事やアカウントにあるシェアボタンを使って、その内容を自分のタイムラインで紹介した数です。

エンゲージメント数

いいね! やクリックなど、SNS上でユーザーが反応した数を表します。
以前はSNSのいいね! 数のみを表す指標でしたが、計上する範囲が拡大しました。

エンゲージメント率

リーチ数のうち、エンゲージメントにつながった数を表します。

エンゲージメント率(%)=(エンゲージメント数÷リーチ数)×100

フォロワー数

TwitterやInstagramでアカウントをフォローしているユーザーの数です。

視聴時間(Watch Time)

YouTubeでチャンネルや動画が全ユーザーで合わせて何分ほど再生したかの時間を表します。

視聴数(Views)

ユーザーが、YouTubeでチャンネルや動画を閲覧した回数を表します。

平均視聴時間(Average duration time)

ユーザーが、YouTubeでチャンネルや動画を平均何分ほど再生したかの時間を表します。

購読者(Subscriber)

ユーザーが、YouTubeでそのチャンネルに登録している人数を表します。


ビジカラス
ビジカラス

SNSマーケティングを本格的にやっていくと、本記事でご紹介していない用語が出てくると思います。
そのときは検索エンジンで調べて、都度覚えていきましょう!


コメント