<一瞬で解決>Macでフリーズしたアプリを強制終了させる方法

Mac - フリーズしたアプリの強制終了方法をご紹介 仕事

Macでアプリを使用していると、たまに固まって動かなくなることありますよね…。

そんなときは、まず「command + Q」を試してみてください。
アプリを終了させるショートカットキーです。

上記のショートカットキーを押してもフリーズしたままの人は、アプリを強制終了させる必要があるかもしれません。

本記事ではアプリがフリーズしたときの対処方法をご紹介します。

この記事で分かること

  • Macでフリーズしたアプリの強制終了方法
  • Mac本体も固まったときの対処方法
スポンサーリンク

Macでフリーズしたアプリを強制終了させる方法

アプリがフリーズしたときの対処方法として、強制終了は有効です。
フリーズしたアプリを強制終了させる方法はいくつかありますが、その中でも分かりやすくて簡単な方法を3つ厳選しました。

Appleメニューで強制終了させる

Appleメニューからアプリを強制終了させる方法です。

▼手順

  1. Macの左上にあるリンゴマークを押す
  2. メニュー内にある「強制終了」を押す
  3. 下図のような画面が出るので、強制終了させたいアプリを選択して「強制終了」を押す
アプリケーションの強制終了画面


「command + option + esc」を押して強制終了させる

ショートカットキーを使用してアプリを強制終了させる方法です。

▼手順

  1. 「command + option + esc」を押す
  2. Appleメニューのときと同様の画面が表示される
  3. 強制終了させたいアプリを選択して「強制終了」を押す


Dockで強制終了させる

Dock上でアプリを強制終了させる方法です。

▼手順

  1. Dock上で強制終了させたいアプリのアイコンにカーソルを合わせる
  2. アイコン長押し or 右クリック
  3. メニューが表示されるので「終了」を押す
Dockからアプリを強制終了させる方法
スポンサーリンク



Mac本体を強制終了させる方法

上記3つの方法を行ってもアプリが強制終了しなかったり、Mac本体がフリーズしたときはどうすればいいのか?
そんなときはMac本体を再起動 or 強制終了させないといけません。

カーソルなどが動く場合、Appleメニューから「再起動」or「システム終了」する

かろうじてカーソルなどが動く場合は、Appleメニューから「再起動」or「システム終了」をさせましょう。

▼手順

  1. Macの左上にあるリンゴマークを押す
  2. メニュー内にある「再起動」or「システム終了」を押す


カーソルなどが動かない場合の「再起動」or「システム終了」の方法

カーソルなども動かないで、どうしようもない状態のときは電源ボタンを長押ししましょう。
電源ボタンを10秒ほど長押しすると、強制終了されます。

ただ、この方法は最終手段にしてください。
保存していない作業内容が破棄されますので、慎重に行いましょう。

電源ボタンを押し続けて Mac の電源を切るのは、Mac が反応していない場合だけにしてください。開いてあった書類の変更内容が未保存の場合、その変更点は失われます。

引用:Apple サポート

コメント