左脳を鍛えるオススメの方法をご紹介。論理的思考を鍛えたいアナタへ。

左脳を鍛える方法を4つご紹介 心理学

思考や論理を司る左脳を鍛えることで、以下のようなメリットがあります。

  • 論理的思考が得意になる
  • 計算が速くなる
  • 分析が得意になる

とは言っても、どのように左脳を鍛えればいいのか分からない方が多いと思います。

左脳を鍛える方法には「本を音読する」や「ピラミッドストラクチャーを使う」など色々あります。
本記事ではその一部をご紹介します。

それでは、見ていきましょう。

この記事で分かること

  • 自分が右脳派なのか左脳派なのか
  • 左脳を鍛えるメリット
  • 左脳を鍛える方法
スポンサーリンク

最初に、自分が左脳派かを確認する

右脳と左脳

左脳を鍛える方法をご紹介する前に、まず自分が右脳派なのか左脳派なのかを確認しましょう。

やり方は簡単です。
以下の①と②を行ってください。

①指組みをして、どちらの親指が下にきましたか?
②腕組みをして、どちらの腕が下にきましたか?

引用:左脳派と右脳派の違いって何? それぞれに向いている職業もご紹介

左親指が下、左腕が下なら、あなたは完全な左脳派だと言えるでしょう。
診断結果の詳細については、以下の記事をご覧ください。



左脳を鍛えるメリット

いいねボタン

思考や論理を司る左脳を鍛えると、どのようなメリットがあるのかをご紹介します。

論理的思考が得意になる

左脳を鍛えることは、論理的思考を養うことに繋がります。

論理的思考とは、簡単に言うと「物事を整理して、相手に分かりやすく説明する」ことです。
論理的思考の意味をもう少し詳しく知りたい方は、以下をご覧ください。

論理に基づいて思考する能力(の高さ)という意味で用いられる表現。道理や筋道に則って思考を巡らせて結論を導いたり、あるいは、複雑な事柄を分かりやすく説明したりできる能力として主に捉えられる。

引用:weblio辞書

社会人にとって論理的思考は必須のスキルとなります。
論理的に話すことができないと、物事を相手に分かりやすく説明できなかったり、課題に対して適切な対処ができないなど、デメリットが多いからです。

仕事のデキる社会人になりたいのであれば、論理的思考は鍛えた方がいいでしょう。

計算が速くなる

左脳は計算を処理する脳です。
つまり、左脳を鍛えることで計算力を養うことができます。

計算することが苦手な方は、左脳を鍛えることで苦手意識が薄れるかもしれませんね。

分析が得意になる

左脳は分析や解析を得意としている脳です。

冒頭で「左脳は思考や論理を司る」とお伝えしましたが、それ以外にも「言語や計算機能」も司っています。

左脳を鍛えることで、計算力だけでなく分析力や解析力も養えます。

仕事で分析をすることが多い社会人の方は、左脳を鍛えるとパフォーマンスが上がるかもしれませんね。

スポンサーリンク



左脳を鍛える4つの方法

トレーニング

左脳を鍛える4つの方法をご紹介します。
今日から実施できる簡単なものもありますので、ぜひ試してみてください。

本を音読して、左脳を鍛える

本を音読すると左脳を鍛えられると言われています。

左脳は言語脳と言われており、言語に反応します。
音読などの言語的活動を行うことで、左脳が活性化するようです。

音読するときは、論文やビジネス書などの論理立ててある本をオススメします。

コミュニケーションを増やして、左脳を鍛える

言葉によるコミュニケーションを増やすと、左脳を鍛えられると言われています。

家族や友人でもいいので、言葉によるコミュニケーションを増やしましょう。
何気ない雑談でも大丈夫です!

言葉によるコミュニケーションを増やすことで、言語脳である左脳を活性化させることができます。

ピラミッドストラクチャーを使って、左脳を鍛える

個人的に一番オススメの方法です。

ピラミッドストラクチャーを使って話すことを意識すると、論理的思考を養えます。
結果的に左脳を鍛えることに繋がるかと思います。

ピラミッドストラクチャーを簡潔に説明すると「伝えたい結論と、その根拠を図式化する」ことです。
以下の図のようになります。

ピラミッドストラクチャー

ピラミッドストラクチャーを作成したら、「結論→根拠」の順に話しましょう。
論理的で相手に分かりやすい話し方となります。

ピラミッドストラクチャーに慣れるまでは、ノートなどにピラミッドを書くことがオススメです。
慣れてきたら、頭の中で「伝えたい結論と、その根拠」を図式化して話すようにしましょう。

ピラミッドストラクチャーについて詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。


オセロや将棋などで左脳を鍛える

オセロや将棋などの頭脳ゲームをやることで、左脳を鍛えられると言われています。

オセロや将棋などで勝ち続けるためには、高度な思考力が必要です。
戦術を考えたり、将棋であれば駒の動きを理解したりなど左脳を働かせます。

オセロや将棋以外にも、囲碁やチェスなどでも大丈夫です。

オセロや将棋はスマホアプリもありますので、隙間時間などで左脳を鍛えてみるのはいかがでしょうか?

みんなのオセロ
みんなのオセロ
開発元:UNBALANCE Corporation
無料
posted withアプリーチ
将棋アプリ 将皇
将棋アプリ 将皇
開発元:ken1
無料
posted withアプリーチ



まとめ

左脳を鍛える方法についてご紹介してきました。

論理的思考や計算が苦手な方は、ぜひ本記事でご紹介した方法を試してみてください。
社会人の方なら、左脳を鍛えることは必ずプラスになると思います。

また右脳を鍛える方法についても知りたい方は、以下の記事をご覧ください。



ビジカラス
ビジカラス

私も昔は、論理的思考に苦手意識がありましたが、本記事でご紹介した「ピラミッドストラクチャー」を意識的に使うことで克服できました。
1ヶ月間ほど継続すると、効果を実感できるかと思います。
ぜひ試してみてください!

コメント