日本人に多いとされる口癖「まあ」。使う人の性格や心理状況は?

口癖が「まあ」の人の性格や心理状況を紹介 心理学

口癖が「まあ」の人って意外と多いですよね。
会話中に相手が「まあ」を多用してきたら気になりませんか?

口癖というのは無意識化で出るため、その人の性格や心理状況が表れると言われています。
本記事では、口癖が「まあ」の人の性格や心理状況について詳しくご紹介します。

この記事で分かること

口癖が「まあ」の人の性格や心理状況

スポンサーリンク

「まあ」は日本人に多い口癖

日本

「まあ」は、日本人に多い口癖と言われています。

「まあ」が口癖になっている人は、争いを避けようとしたり、優柔不断の方に多いです。
日本の国柄を考えると、口癖が「まあ」になっている人が多いのも頷けると思います。

あなたの周りにも口癖が「まあ」の人は多いのではないでしょうか?

それでは、口癖が「まあ」の人の性格や心理状況について見ていきましょう。


口癖が「まあ」の人の性格や心理状況

人間の心理

口癖が「まあ」の人に多い、性格や心理状況を7個ご紹介します。

優柔不断

優柔不断の人は、「まあ」を多用してしまいます。

自分で決断することが苦手で、相手に決断を委ねてしまうことが多いです。
相手と対立することを避け、中立な立場を保とうとしています。

良く言えば「平和主義の方」と表現できるでしょう。

慎重派

慎重派の人も「まあ」を多用しているケースが多いです。

別の言い方をすると「守りタイプの人」ですね。
新しいことに挑戦することが苦手で、自分を守ろうとする特徴があります。

もちろん慎重派が悪いわけではありません。
場合によっては、強みになることも多々あります。

ただ「まあ」を使いすぎると、「挑戦をしない人」というレッテルを貼られてしまう可能性がありますので、多用にはご注意ください。

穏便に済ませたい

前述しましたが、口癖が「まあ」の人は、事を穏便に済ませたい性格のケースが多いです。
平和的な思考で、優しい性格を持っています。

また相手をなだめるときにも「まあ」を多用する特徴があります。
例えば、誰かが怒っていたときに「まあまあ」と仲裁に入る人っていますよね?

場の雰囲気を第一に考えて行動しています。

嫌われたくない

嫌われることを恐れている人は、よく「まあ」を使用します。

相手にどう思われているかを気にしすぎる傾向にあり、ストレートな表現を避けて「まあ」を使ってしまいます。

ただ「嫌われたくないから主張を全くしない」は治すべきです。
主張するときは、しっかり主張しないと悪い方向に進んでしまいます。
仕事上では尚更です。

注意しましょう。

スポンサーリンク


興味がない

話に興味がなくて早く終わらせたいと思っている人は「まあ」を多用する傾向があります。

相手が低いトーンでやたらと「まあ」を使用していたら、「話を早く切り上げたい」「飽きている」のかも。
そのときは、話題を変えてみたりする方がいいかもしれませんね。

自分に自信がない

「まあ」を多用することは、自分に自信のないことの表れと言えるでしょう。
自分に自信がないため「まあ」という言葉で逃げているケースが多いです。

仕事上では、自信のなさの表れはマイナスに捉えられてしまいます。
もしあなたが「まあ」を多用していたら、治した方がいいかもしれません。

マウントを取りたい

口癖が「まあ」の人は、マウントを取りたいという心理が隠れている可能性があります。

自分は相手よりも格上でありたいという心理が働いています。

例えば、誰かが怒っているときに「まあ、そこは落ち着こうよ」のように大人の対応する人はいますよね?
そのような方は、相手よりも自分が格上なのだと考えているかもしれません。


「まあ」の多用は信頼を失うかも?

注意

ここまで口癖が「まあ」の人の性格・心理状況について見てきました。
ネガティブな点が多く、仕事上でもマイナスに働くケースが多々ありましたよね。

多用すると信頼を失ってしまう可能性もあるので、治した方がいいケースが多いです。

口癖は、なかなか自分で気づくことが難しいので、友人や家族に聞いてみるのをお勧めします。

もしあなたの口癖が「まあ」であることが判明したときには、治した方がいいかもしれませんね。


まとめ

  • 「まあ」が口癖の人は、日本人に多い
  • 「まあ」が口癖の人はネガティブな性格のケースが多い
  • 「まあ」を多用すると信頼を徐々に失ってしまう可能性がある



ビジカラス
ビジカラス

口癖によって、相手に悪い印象を与えてしまう可能性もあります…。
気をつけてください!

コメント