新卒で入社した会社を辞めたい、でも言えない…。そんなときの対処方法

会社を辞めたいけど言い出せない…。そんなときの対処方法をご紹介 仕事

「4月から新卒入社として晴れて社会人デビューをしたけど、すでに辞めたい」と悩まれていませんか?

また「辞めたいけど、上司に辞めたいとなかなか言えない」という悩みは、特に新卒の方に多いと思います。
入社したばかりですし、人間関係もまだできていない時期なので、退職を言いづらいのは仕方がないことです。

本記事では、会社を辞めることを言い出せないときの対処方法をご紹介してあります。

こんな人向けの記事

  • 会社を辞めたい新卒の方
  • 会社を辞めることを言い出せない新卒の方
スポンサーリンク

会社を辞めたいけど言えないときの対処方法

アイデア

新卒の方は会社を辞めたくても、なかなか言い出せないと思います。

では、そのまま辞めずに会社に居続けるべきか?
私は、Noだと思います。

あなたの人生はあなたのものです。
決して会社のものではありません。

会社を辞めたいなら、しっかりとその旨を伝えるべきだと思います。
自分に素直になりましょう。

ただ、辞めることを言い出せない新卒の方が多いのは知っていますので、対処方法を3つご紹介します。

転職先を決めてしまう

先に行動して転職先さえ決めてしまえば、今の会社に辞めることを嫌でも言わないといけなくなります。
会社に辞めることを言い出せないなら、言わないといけない状況を自分で作り出せばいいのです

また既に転職先が決まっているので、今の会社を辞めてもお金に困ることもありません。

退職までの具体的なスケジュールを立てる

退職するまでのスケジュールを立てることも有効な対処方法の一つです。

ある程度のスケジュールを立てることで、いつまでに何をするべきか? が明確になるため、行動をしやすくなります

また、スケジュールが具体的であればあるほど、会社の上司も納得しやすくなると思いますので、退職する旨を言いやすくなるでしょう。

退職理由をできるだけ前向きなものにする

退職理由が後ろ向きだと「上司に怒られそう」と変に考えてしまい、なかなか言い出せなくなってしまいます。
そのため、できるだけ退職理由は前向きなものしましょう

「キャリアアップしたい」などの前向きな退職理由なら、良心のある上司なら納得してくれると思います。
また退職理由が前向きだと、退職についてポジティブに考えることができるので、言い出しやすくなるでしょう。


上司に納得してもらいやすい退職理由

上司と部下

できるだけ円満に退職したいという方は多いと思います。

円満退職するときに重要なのは、自分の口で退職理由をしっかり伝えて、上司に納得してもらうことです。

本章では、上司に納得してもらいやすい退職の理由を3つご紹介します。

キャリアアップしたいと伝える

良心的な上司なら、部下からキャリアアップしたいと言われたら、引き止めずに応援してくれると思います。

キャリアアップしたいと伝えるときは、以下のように具体的に伝えましょう。
上司に納得してもらいやすくなります。

  • なぜキャリアアップしたいのか?
  • どんな会社で、どんなキャリアアップをしたいのか?


やりたい仕事が見つかったと伝える

「入社したら思っていた仕事内容と違った」という新卒の方も多いのではないでしょうか?
そのことを素直に上司に伝えるのも効果的です。

「キャリアアップしたいと伝える」よりも説得力は弱いですが、正直に伝えることで上司も納得してくれると思います。

伝えるときのポイントは、「やりたい仕事が見つかった」ことも一緒に伝えることです。
「仕事が合っていなかった」だけだと、同じ会社の他部署への異動を提案されるかもしれないためです。

しっかりと「〇〇の仕事をやりたいと思うようになっため、会社を辞めたいです」と自分の意思を伝えましょう。

健康上の問題で辞めること伝える

もし会社を辞めたい理由が健康上の問題であり、仕事がきつくて健康に支障が生まれているなら、その旨をしっかりと伝えましょう。
普通の上司なら納得してくれます。

もし健康上の問題を伝えても辞めさせてもらえないようなら、労働基準監督署」に相談してみましょう。

体は重要な資本の一つです。
自分の体は自分で守っていきましょう。


退職の理由で言わない方がいいこと

保護マーク

円満にスムーズに退職するために、言わない方がいいことをご紹介します。

人間関係のせいにする

人間関係が問題で会社を辞めたいと伝えても、上司に納得してもらいにくいです。
逆に他部署への異動を提案されて、引き止められてしまうかもしれません。

当たり前ですが、会社には様々な価値観を持つ人が在籍しています。
全員が全員、価値観が合うことはほとんどありません。

人間関係の問題を理由にすると、説得力に乏しく、スムーズに退職もできなくなってしまいます

会社の不満を言う

退職の理由が「会社への不満」だとしても、そのことは伝えないようにしましょう
伝えてしまうと、上司と言い合いになってしまうかもしれません。

また一方的に負の感情をぶつけてしまうと、会社や上司側も気分が悪くなってしまいます。
気分が悪い状態では、応援されることでも応援されなくなってしまいますよね?

円満に退職したいのであれば、例え「会社への不満」が退職理由だとしても、言わない方が無難です。


どうしても辞めることを言えないときは、退職代行がオススメ

おすすめポイント

ここまで、会社を辞めることを言い出せないときの対処方法などをご紹介してきました。
ただ、それでも「やっぱり言い出せない…」という方もいると思います。
そんな方には退職代行がオススメです。

退職代行を使うと、あなたに代わって「退職したい」という意思を勤め先に伝えてくれます。
会社の人と会わずに退職できるので、面と向かって退職の意思を伝えるのが苦手な人も安心です。

退職代行なら「退職代行サービスのNEXT」

退職代行の業者は多くありますが、その中でも「退職代行サービスのNEXT」がオススメです。

退職代行サービスのNEXTは専任の弁護士が担当するため、未払い残業代や有給消化の交渉まで対応してくれます。

普通の退職代行業者ができることは、「退職したいという意思を勤め先に伝える」ことのみです。
未払いの残業代などをしっかりと交渉してほしいなら、弁護士が担当してくれる退職代行サービスのNEXTのような業者を選びましょう。

また退職代行サービスのNEXTは、全国対応で相談は完全無料ですので、一度相談してみるのはいかがでしょうか?



まとめ

  • 辞めることを言い出せないなら、言わないといけない状況を無理やり作りだそう
  • 上司が納得する退職理由を考えておこう
  • 円満に退職したいなら「人間関係の問題」や「会社の不満」は言わないようにしよう
  • どうしても辞めることを言い出せないなら、退職代行がオススメ



ビジカラス
ビジカラス

会社を辞めたいけど、中々言い出せない新卒の方の一助となれば幸いです。
あなたが、無事に退職の旨を伝えられることを願っています!

コメント