【怒ってるとは限らない?】ボールペンをカチカチ鳴らす人の心理状況とは

ボールペンをカチカチ鳴らす人の 心理状況をご紹介 心理学

職場や学校でボールペンをカチカチ鳴らす人っていませんか?
周りからすると、あのカチカチ音によって気が散ってしまいますよね…。

注意したいけど「ボールペンをカチカチ鳴らす=怒っている」と考えてしまい、なかなか注意できない方も多いと思います。
もどかしいですよね…。

実は、ボールペンをカチカチ鳴らす人の心理状況は「怒っている」以外にも、例えば「集中力が高まっている」可能性もあります。

「ボールペンをカチカチ鳴らす=怒っている」と限らないと知れば、注意もしやすくなりませんか?

本記事ではボールペンをカチカチ鳴らす人の様々な心理状況をご紹介します。
相手の心理状況が分かれば対処もしやすくなります。

心理状況別に対処方法もご紹介してありますので、併せて参考にしていただければ幸いです。

この記事で分かること

  • ボールペンをカチカチ鳴らす人の心理状況
  • ボールペンをカチカチ鳴らす人の対処方法
スポンサーリンク

ボールペンをカチカチ鳴らす人の心理状況

人間の心理

ボールペンをカチカチ鳴らす人の心理状況はいくつかあります。
見極めのポイントは、ボールペンをカチカチ鳴らすときのリズムです。

リズムが一定か不規則かによって、その人がどんな心理状況なのかを知ることができます。
もちろん、ここでご紹介することが全て当てはまるとは限りませんが、相手の心理状況を知る際のヒントになると思います。

それでは見て行きましょう。

リズムが一定の場合は「集中している」

ボールペンのカチカチ音のリズムが一定の場合は、「集中している」可能性が高いです。

一定のリズムの「カチカチ」という音は心地良さを与える効果があるため、集中しているときの行為と言われています。
心地良いリズムによって、思考を整理しやすくなるのです。

もしボールペンを一定のリズムでカチカチ鳴らす人がいたら、その人は集中力が高まっているのかもしれません。

リズムが不規則の場合は「怒っている」

ボールペンのカチカチ音のリズムが不規則の場合は、「怒っている」可能性が高いです。

例えば、会社の会議中。
議論がなかなか進んでいないときにボールペンを不規則にカチカチ鳴らす人は「議論が進まなくてイライラしている」や「早く会議を終わらせたい」と考えているかもしれません。

表情が強張っているかどうかも併せて確認しましょう。
ボールペンのカチカチ音のリズムが不規則であり、さらに表情が強張っていたら、怒っている場合がほとんどです。

またカチカチ音が早い場合も「怒っている」可能性があるので覚えといてください。

ストレスや不安を感じている場合もある

ボールペンをカチカチ鳴らす行為は「なだめ行動」とも言われています。

「なだめ行動」は不安や不快な感情をなだめようとする無意識の動作です。何らかのストレスがあったとき、そのざわついた心を静めようとしぐさとなって身体が動いてしまうのです。

引用:一般社団法人 日本産業カウンセラー協会ブログ 「働く人の心ラボ」

つまり、ストレスや不安を感じたときに自分自信を慰めるためにボールペンをカチカチ鳴らしている可能性があります。

例えば仕事でミスをしたとき、ボールペンをカチカチ鳴らすことで自分自身を落ち着かせているのです。


ボールペンをカチカチ鳴らす人への対処方法

メガホン

ここまでボールペンをカチカチ鳴らす人の心理状況をご紹介してきました。

「心理状況は理解した。でも、どう対処すれば良いの?」のような方が多いかと思います。
ボールペンをカチカチ鳴らす人を放っておくと、周りの集中力を削いでしまう可能性がありますからね…。

本章で詳しくご紹介します。

すぐに注意するのはNG。まずは相手の心理状況を考える

すぐに注意するのは止めましょう。

まずは相手の心理状況を考える必要があります。
相手の心理状況が分からなければ適切な対処をとることができません。

前章でご紹介した3つの心理状況のうち、どれに当てはまるかを観察してください。

心理状況別の対処方法

それでは心理状況別の対処方法を見ていきましょう。

集中している心理状況だと考えられる場合

できれば注意しない方が良いでしょう。
職場の場合、そのまま放置しておいた方が、相手は効率良く働いてくれますし生産性が上がると思います。

ただボールペンのカチカチ音が、あまりにもうるさくて周りの仕事に支障をきたす場合は注意しましょう。
その際は「〇〇さん、かなり集中して仕事に取り組んでくれているね。いつもありがとう。でもボールペンの音がちょっと大きいから、少しだけ下げてもらえるかな?」のように感謝を伝えつつ注意するのがポイントです。

怒っている心理状況だと考えられる場合

無理に注意すると余計に怒らせてしまう可能性があるので、そのまま放置しておくことが賢明です。
相手の怒りが収まるのを待ちましょう。

ストレスや不安を感じていると考えられる場合

話を聞いてあげることが重要です。
ストレスや不安を一人で溜め込んでしまっている可能性がありますので。

職場の場合なら、「〇〇さん、最近仕事で悩んでいることとかあるんじゃない?」のように声をかけましょう。



まとめ

ボールペンをカチカチ鳴らすなどの手の行為には、その人の心理状況が表れます。

職場や学校でボールペンをカチカチ鳴らす人がいたとき、すぐに注意するのではなく「この人の心理状況はなんだろう?」と考えましょう。
相手の心理状況を考えることは、人間関係を円滑にするための秘訣です。

本記事をご覧になって「相手の仕草や行動によって心理状況が分かるの面白い!」と思ったなら、以下の書籍を読むことをオススメします。

相手の仕草や行動から、相手の本音を見抜くための心理術が書かれています。
1〜2時間でサクッと読めちゃうのですが内容は濃いです。

良書ですので、ご興味があればぜひ読んでみてください!


ビジカラス
ビジカラス

相手の仕草や行為から、相手の心理状況が分かるのって面白いですよね!
私は2年前に心理術に興味を持ち、これまで勉強してきました。
心理術を学んだことで人間関係の悩みも少なくなった気がしています。


コメント