【図解付き】Google アナリティクスの基本用語20選

データ分析の画像 データ分析/Web解析

Googleが提供するアクセス解析ツール「Google アナリティクス」を使用する上で、知っておくべき基本用語をご紹介します。
理解しやすいように図解を混ぜながらご説明をするので、アクセス解析初心者の方でもご安心ください。

こんな人向けの記事

  • これからGoogle アナリティクスを使う予定のある人
  • なんとなくGoogle アナリティクスを使用している人
  • クライアントにGoogle アナリティクスについて上手く説明できていない人
スポンサーリンク

これだけは覚えよう! アクセス解析の基本用語20選

Google アナリティクスを使ってアクセス解析を行う上で、「これだけは覚えてほしい!」基本用語を20個をご紹介していきます。

ページビュー数(PV数)

サイト内でページが閲覧された回数のことを「ページビュー数(PV数)」と呼びます。
例えば、ユーザーAがページAを1回とページBを1回閲覧した場合、サイト全体のPV数は2PVとなります。

ページビューの計測の仕組み

またブラウザの「戻る」ボタンをクリックして、再度同じページを表示したり、ページを再読み込みしても1PVとしてカウントされます。

再度同じページを表示しても1PVとしてカウント


セッション数

サイトに訪問したユーザーがページを閲覧して離脱するまでの一連の行動のことを「セッション数」と呼びます。

例えば、ユーザーAが朝と夜に1回ずつサイトに訪問した場合、セッション数は2となります。

セッションの計測の仕組み

またサイトを離脱していないのにセッションが切れてしまうタイミングとして以下の2つがありますので注意が必要です。

  • 30分以上サイト内で行動しない(※30分という数字は設定画面で編集可能)
  • 日にちをまたぐ

ユーザー数

ある一定期間でそのサイトに訪問した固有のユーザー数のことを「ユーザー数」と呼びます。
例えば、サイトの訪問者がユーザーAのみの日があり、朝、昼、夜に合計3回訪れた場合、その日のユーザー数は1としてカウントされます。

ユーザー数の計測の仕組み


平均セッション時間

サイト内に滞在したセッション時間の平均値のことを「平均セッション時間」と呼びます。
平均セッション時間を確認することで、ユーザーがサイト訪問時に平均何分何秒滞在していたのかを知ることができます。

例えば、以下の4つのセッションがあった場合、平均セッション時間は
(20 + 5 + 15 + 30) ÷ 4 = 17.5分 となります。

4つのセッション
  • 9:00に訪問し、9:20に離脱
  • 10:00に訪問し、10:05に離脱
  • 11:00に訪問し、11:15に離脱
  • 12:00に訪問し、12:30に離脱

注意点として、あるページでの滞在時間は「そのページの次のページを開いた時間 – そのページを開いた時間」で計測しています。

平均セッション時間の仕組み

つまり最後に見たページの滞在時間は把握できないため、平均セッション時間の中には最後に見たページが含まれませんので、覚えておいてください。

ランディングページ

サイトで最初に訪れたページのことを「ランディングページ」と呼びます。
サイトを構成する全てのページがランディングページの対象です。

あるページが訪問の最初だった回数をランディングページ数または閲覧開始数とも言います。

直帰率

ユーザーがサイトに訪れて、1ページのみ閲覧し、そのまま離脱してしまった割合のことを「直帰率」と呼びます。
サイトの第一印象が最も現れる数値のため、直帰率は重要な指標です。

以下の計算式で算出します。
直帰率 = 直帰数 ÷ セッション数(サイト全体の直帰率を見る場合)あるいは閲覧開始数(ページ単位の直帰率をみる場合)

例えば、サイトに5回訪問があって、そのうち3回が1ページだけ見て帰った直帰だった場合、直帰率は (3 ÷ 5)× 100 = 60%となります。

離脱率

ユーザーがサイトに訪れて、閲覧したページが最後だった割合のことを「離脱率」と呼び見ます。

以下の計算式で算出します。
離脱率 = 該当ページの離脱数 ÷ 該当ページのPV数

また離脱率を確認する上で、注意点が3つあります。

  • 離脱率はページに対する指標
  • 離脱率には直帰数も含む
  • ユーザーは必ずページを離脱するため、離脱率が高いからといって悪いとは一概には言えない


新規訪問

サイトに初めて訪問したユーザー数のことを「新規訪問」と呼びます。

初めての訪問かどうかは、ブラウザのCookieを用いて判別しています。
また前回の訪問が2年以上前の場合は、Cookieが残っていても新規訪問として扱うので注意が必要です。

リピーター

2回目以降のユーザーの訪問数のことを「リピーター」と呼びます。
新規訪問と同様に、ブラウザのCookieを用いて判別しています。

コンバージョン率(CVR)

コンバージョンとはサイトにおけるゴールのことを指し、商品購入や資料請求などが挙げられます。
もちろん業種によってコンバージョンの定義は変わってきますので、自社に合ったゴールをコンバージョンとして設定してください。
※コンバージョンを計測するためには、Google アナリティクス上で予め設定をする必要があります。

コンバージョン率は、以下の計算式で算出します。
コンバージョン率 = コンバージョン数 ÷ 全体のセッション数

分母がセッション数でありページビュー数ではありませんので、ご注意ください。

eコマース

Google アナリティクス上でサイト全体の売上などに関するレポートや機能のことを「eコマース」と呼びます。

eコマースを使用するためには、Google アナリティクスの設定とサイト内にタグの追加をする必要があるため、実装のハードルは高いです。
社内にエンジニアの方がいれば協力してもらうことを推奨します。

トランザクション数

eコマース利用時のコンバージョン数のことを「トランザクション数」と呼びます。

ディメンション

レポートの切り口のことを「ディメンション」と呼びます。

Google アナリティクスは基本的に「〇〇別に△△を見る」というような使い方をします。
この〇〇にあたるのがディメンションです。

ディメンションの例としては「ページ」「流入元」「デバイス」などがあります。

ディメンションの該当箇所


指標

ディメンションに対して紐づく数値のことを「指標」と呼びます。
先ほどの「〇〇別に△△を見る」の△△にあたるのが指標です。

指標の該当箇所


参照元

サイトに訪問したユーザーの流入元となったサイトドメインのことを「参照元」と呼びます。
例えば、Google検索からサイトに流入してきた場合、参照元は「google」となります。

広告パラメータ

どの広告からサイトに流入してきたのかを特定するためにはURLにパラメータを付与する必要があり、このことを「広告パラメータ」と呼びます。
パラメータとはURLについている「?」以降の部分を指します。

例えば、広告に以下のようなパラメータを付ければ、Twitter広告経由であることを特定することができます。
https:/example.jp/?utm_source=twitter&utm_medium=display

パラメータの種類や付け方などを知りたい場合は、以下の公式ヘルプページをご確認ください。


イベント

ファイルのダウンロード数やスクロール率などのサイトのページ閲覧以外のユーザー行動を計測するための機能が「イベント」です。

イベント機能を使うためには、サイト内のタグまたはGTM(Google タグマネージャ)を編集する必要があるため、実装にはややハードルが高いです。
社内にエンジニアの方がいれば協力してもらうことを推奨します。

セグメント

Google アナリティクスのレポートの数値を特定の条件で絞り込む機能のことを「セグメント」と呼びます。
代表的なセグメントとして、「デバイス別」「新規訪問・リピーター別」などが挙げられます。

(not provided)

GoogleやYahoo!などの主要検索エンジンからの流入時に、ユーザーが検索したキーワードを取得することはできません。
このとき、検索キーワードのレポートを確認すると、(not provided)と表示されます。

not provided)があれば、検索エンジンから流入してきたけど、キーワードは取得できなかったということを覚えといてください

not providedの画像


(not set)

参照元の情報が取得できなかった場合や、検索エンジン以外からの訪問の場合に、「(not set)」と表示されます

not setの画像



ビジカラス
ビジカラス

Google アナリティクスの基本用語を20個ご紹介してきました。
覚えることが沢山あり大変かと思いますが、慌てずに一つずつ覚えていきましょう!


コメント